碇シンジよりメンタルが弱い男の大学生活前期初週雑記

新年度といえば新生活ですね。

皆さんいかがお過ごしでしょうか、4月から晴れて大学生の藤です。

 

f:id:wist5:20210408120515j:image

↑一人で大学を歩く僕

 

僕は前回投稿した記事の通り、大した苦難も乗り越えずに「なんか」大学受験を終えてしまい、実感の湧かないままとりあえず大学生になりました。

 

まあそこまでは良かったんですが、僕が真に懸念していたのは、大学に入れるか否かではなく、授業が苦痛かそうでないかなのです。

 

僕の性格が梅田地下大迷宮を遥かに凌駕したねじ曲がり具合を展開していることは、僕のTwitterをフォローしてくださっている人ならご存知かと思います。

そんな奴が小・中・高・大の中で最も友達ができにくいと言われている「大学」に行ったらどうなるのか。

ドッペルゲンガー同士が顔を合わせたらどうなるのかくらい想像に難くないと思います。

対消滅こそしませんが、おそらく日本の社会が生み出した化け物が阪急電鉄を破壊する光景がニュースで放送されるでしょう。

 

極大誇張魔法「キモローア」を早口で詠唱したところで、大学生活の1週間をどのように過ごしているのかを綴っていきたいと思います。

 

 

 

履修登録

多くの大学生が「受験より難しい」とまで謳う難攻不落の履修登録なるものは思ったよりも楽しくかつ迅速に終わらせることができました。僕が数学から逃げた私立文系野郎なせいで詰めるコマが少なかったのが理由でしょう。

それに加えて、柄にもなくTwitterの大学垢で前もって同じ大学のノリが合いそうな奴をフォローしていたので、授業を被せられる友達がいたからというのも大きいです。

 

しかし、大学生活はそんなに甘くありませんでした。友達ができたとて所詮授業が被っている時だけ。僕は僕なりに興味のある講義を取りまくったので、せいぜい被っているのは4〜5コマくらいでした。しかもそのうち3つくらいは大教室だから意味ないし。

ということはどうなるか、僕は基本的にぼっちということになります。巷でよく聞く「ぼっち大学生」というやつです。

 

「いやいや、初週なんだし話しかけて友達作ればいいじゃんw大学は受け身じゃ友達できないよw」

小中高と真っ当な精神状態で生きてきた「敵」はこう思うでしょう。しかし先ほど述べた通り僕の人格はメメントスよろしくグニャッグニャです。そんな甘い考えはモルガナカーで瞬殺上等です。

 

理由もなく逆張りしているだけの男と思われたくないので僕自身の名誉のために一応理由を書いておきますが、孤独を避けるために無理矢理友達()を作り、押し売りの如く強引に連絡先を交換した挙句、次連絡をよこすときはマルチの勧誘だろうくらいに疎遠になることだけは避けたいのです。

つまりもっと自然に友達を作りたいわけです。

 

それに僕の人格にはもうひとつ、人と関わると速攻で粗を見つけまくってめんどくさくなるとかいう重大な欠陥があります。しかも18年経っているので返品が効きません。初期不良だと思うんですが

例に漏れず、先ほど書いた「Twitter経由の友達」も、話しているうちに嫌なところが見えまくってきたので今はちょっと距離を置いてます。タイトルに「碇シンジよりメンタルが弱い」と書いていますが、メンタル以外の部分は碇シンジよりも遥かに劣っていますね。

インターネットリアル問わず、嫌な部分が露骨に見えてきた人は切りまくっているので巷では人斬り抜刀斎と呼ばれ恐れられているそうです。頬の十字傷がマスクで隠れているので幸いバレてません。

 

 

 

空きコマ

こんな性格なうえに重度の陰キャなので当然体育の授業も取ってませんし、空きコマは基本人のいない図書館や屋上で本を読んでいます。一見一人ぼっちで寂しく見えますが、これが意外と楽しくて、授業前の休憩時間にトイレに行って肛門をブチ破りながらクソデカいウンコを放出(ほうしゅつ)するときの次に楽しいです。このブログも空きコマの図書館で書いています。

ちなみに、今は森見登美彦著「四畳半神話大系」を読んでますが(超面白い)、僕の長年の夢であった「大学の空きコマで『白鯨』を読む」を叶えるべく、次はそれを読もうかなと思っています。説明するまでもないかもしれませんが「バケモノの子」の影響です。性格だけバケモノになっちまった。

 

 

 

授業

肝心の授業はというと、今のところなぜか全部余裕です。僕はもっとえげつないグループワークで惨めな思いをさせられたり、外人の先生に英語を喋らされて惨めな思いをしたり、プレゼンで惨めな思いをすることを心配していたのですが、大学は案外一人に優しい場所ですね。

 

唯一英語の授業が「グループワークナンバーワン!インキャはゲットアウト!」みたいな感じのシラバスだったのですが、外人の先生が陽キャすぎてグループを勝手に作ってくれたので知り合いも勝手にできて大変良かったです。海を跨ぐだけであそこまで国民性が変わるのは不思議ですね。グループ間でLINEを交換させられたのだけは不本意でしたが。

 

あと、パソコンをろくに触ったことがなく、iPhoneのフリック操作もままならない愚かな大学生のために開講されたような情報の授業があるのですが、10分で指定の文章をどこまでタイピングできるかをやらされた時、2〜300文字程度しか打ててない奴が結構いてその場で下痢を撒き散らしてしまいました。200文字って金玉でも打てますよ。Z武でもそれより早いと思います。

 

 

 

総括

久々のブログで書きたいことがありすぎたので僕自身も何を書いたかが意味不明ですが、とりあえず僕の大学生活はこんな感じです。初週でこれなので少なくとも夏休みまではなんとか耐えられると思います。

 

ちなみにバイトですが、本屋以外でバイトしたくないという意志が固すぎて他のところに全く応募したくありません。別に一人暮らしじゃないしわざわざバイトなんてしなくてもいいのですが、まあしたほうがいいだろうということで、大阪のバイオハザード化が終わり次第電話してやろうと思います。そんな日は一生来ないので僕も一生バイトをしないでしょう。

 

それでは皆さんも良い新生活を。